汗をかかない方法 | いつも手足の汗が多い「多汗症」対策

汗をかかない方法 | いつも手足の汗が多い「多汗症」対策

汗をかかない方法 | いつも手足の汗が多い「多汗症」対策

みなさんは、自分が「多汗症では?」と疑ったことはありませんか? 日本人で何らかの汗の悩みを抱えている人は7人に一人と多く、手汗が多くなる「手掌多汗症」に関しては20人に一人の割合といわれています。

今回は、いつも手足の汗が多い人向けに多汗症の症状チェックと、汗をかかない方法について紹介します。

いつも手足の汗が多いのは多汗症?

そもそも、緊張する場面などで手足の汗をかくのはごく普通のことです。しかし、精神面に関係なく、いつも手汗や足汗をかいてしまうという人は「多汗症」の可能性があります。

多汗症とは名前の通り、正常な範囲を超えて発汗してしまう症状のことをいいます。多汗症の症状が全身に現れるものを「全身性多汗症」、体の一部に現れるものを「局所多汗症」といいます。局所多汗症のうち、特に症状が現れやすいのが「手」と「足」です。下記の多汗症の基準と照らしてみて、多汗症で日常生活に支障をきたしている場合には、何かしらの対策をとる必要があります。

多汗症診断のチェック項目

多汗症かどうかチェックする診断基準としては、次のようなチェック項目があります。

  • 最初に症状が現れたのは25歳以下ですか?
  • 左右対称に発汗がみられますか?
  • 睡眠中は発汗が止まっていますか?
  • 1週間に1回以上、多汗の症状を感じますか?
  • 家族にも多汗症の人がいますか?
  • 多汗によって日常生活に支障をきたしていますか?


これらのうち2項目以上が当てはまり、多汗の症状が6ヵ月以上続いている場合は、多汗症と診断される可能性が高くなります。

手足の汗をかかないようにする方法

手足の汗は止められないと思っている人も多いかもしれませんが、そんなことはありません。ここでは、手足の汗をかかないようにする代表的な方法を紹介します。

1.手足用の制汗剤

一つ目は、手足用の制汗剤を使う方法です。制汗剤は即効性の高いものが多いので、手足の汗が多い人にとっては便利なアイテムです。

手足の汗をかかない方法:制汗剤


有名な手汗用の制汗剤として、「テサラン」という製品があります。ハンドクリームタイプなので、いざという時にサッと塗るだけで手汗を抑えてくれます。小型で持ち運びやすく、外出先でも使用しやすいシンプルなデザインです。

もう一つ、「デトランスα」という制汗剤があります。塩化アルミニウムを配合した制汗剤で、足への使用も可能です。寝る前にサッと塗って朝拭き取るだけですので、誰かにバレることなく手足の多汗症対策ができます。

制汗剤の効果は一時的なものですが、その他の治療方法に比べて「副作用がない」というメリットがあります。リスクを伴う治療を行う前に、まずは制汗剤での対策から始めてみることをおすすめします。

手汗用制汗剤ランキング | 手汗を止めるおすすめデオドラント
手汗用制汗剤ランキング | 手汗を止めるおすすめデオドラント
手汗を止める制汗剤は、クリームやパウダー、スプレータイプなど、様々な種類のものが販売されています。 ここでは手汗用制汗剤の中から、特に人気が高...

2.イオントフォレーシス療法

微弱な電流を流した水に手や足を浸し、汗腺の働きを抑える「イオントフォレーシス」という方法があります。こちらは専用の機材が必要になるため、取り扱っているクリニックで行ったり、個人輸入で機材を取り寄せる方法があります。

軽度の多汗症の場合には有効な手段で、効果も一定期間持続するため、海外では多汗症の治療に一般的に利用されています。

イオントフォレーシス療法による手汗の解消 | 多汗症の治療法
イオントフォレーシス療法による手汗の解消 | 多汗症の治療法
イオントフォレーシス療法による手汗の解消 | 多汗症の治療法 手汗は本人にとってはとても辛く、頭を悩ませる問題となります。「ただの汗っかき」と勘違いさ...

ボトックス注射

ボツリヌス菌の持つ毒素を利用し、手のひらや足の裏を抑える「ボトックス注射」というものがあります。発汗を促進する「アセチルコリン」という神経伝達物質の働きを抑制して汗を抑えます。

効果は3~6か月で無くなるため継続的に治療を受ける必要があり、費用面での注意が必要です。

ボトックス注射での手汗治療 | 手掌多汗症への効果と費用
ボトックス注射での手汗治療 | 手掌多汗症への効果と費用
ボトックス注射での手汗治療 | 手掌多汗症への効果と費用 手掌多汗症を含めた多汗症の治療としてボトックス注射を使用する方法があります。最近、美容整形な...

3.ETS手術

多汗症の根本的な解決手段として、ETS手術があげられます。ETS手術は、交感神経の一部を切除して発汗を抑える方法で、手汗を止める上では非常に確実性の高い方法です。また、基本的に効果は一生続きます。

一方で、体の別の箇所からの発汗が増えたり、食事の際に多く汗をかくようになるなど、「代償性性発汗」という副作用があります。そのため、あくまでも他の対策を行っても改善がみられなかった場合の「最終手段」として検討することをおすすめします。

ETS手術による手掌多汗症治療 | 手汗を治す方法
ETS手術による手掌多汗症治療 | 手汗を治す方法
ETS手術による手掌多汗症治療 | 手汗を治す方法 手汗がひどく、日常生活に支障をきたすこともある手掌多汗症には様々な治療法があります。中でも、確...

生活習慣の見直し

続いて、日常生活の中で継続的に意識することによって、過剰に汗をかかない体質をつくる方法を紹介します。

いつも手足の汗が多い体質を根本的に治すには、生活習慣の改善を行うことが大切です。生活習慣の乱れによって、自律神経のバランスが崩れると、副交感神経の働きが弱まって、手足の汗が多くなることがあります。

食生活においては、栄養価の偏った食事を避け、バランスよく三食規則正しくとるようにしましょう。また、大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きを持っており、過剰な発汗を抑える効果があるとされています。豆腐や納豆といった大豆製品を積極的に摂取することを心がけるようにしましょう。

手足の汗をかかない方法

「睡眠時間が不規則・不足している」「ストレスの発散が適切にできていない」「運動不足になっている」といったことも自律神経失調症の原因につながるものです。継続的に基本的な生活習慣の改善を心がけることで、過剰な発汗の抑制に取り組んでいきましょう。

まとめ

今回は、いつも手足の汗が多い人向けに、多汗症の症状と汗をかかない方法について紹介しました。

緊張しているわけでもないのに、いつも手足の汗が多いという人は「多汗症」の可能性があります。日常生活や仕事に支障が出ているようであれば何かしら対策を行う必要がありますので、ぜひ今回紹介した汗をかかない方法を検討してみて下さい。