手汗がひどい… 手のひらの汗の原因となる病気まとめ

手汗がひどい… 手のひらの汗の原因となる病気まとめ

手汗がひどい… 手のひらの汗の原因となる病気まとめ

汗を大量にかくというと「脇の下」や「額」というイメージが強いですが、汗を出す汗腺は全身にあるのでどこから出てもおかしくありません。「手に汗握る」というように、精神的なストレスや緊張が加わると、手のひらなど局所的に大量に汗をかく場合もあります。

そうした発汗が起こること自体は何ら異常なことではありませんが、頻度が高かったり、汗の量が多くて生活に支障が出る場合、「多汗症」などの病気の可能性もあります。今回は、手のひらの汗の原因となる病気について詳しくみていきましょう。

異常な汗は病気のサイン!?

汗が多く出る病気を「多汗症」といいますが、多汗症は原因不明な場合の「原発性多汗症」と、病気などが原因となっている「続発性多汗症」に分けられます。

手のひらの汗がひどい原因となる病気

続発性多汗症の原因となる病気としては、甲状腺の病気や糖尿病などの内分泌代謝異常、感染症、神経疾患などががあります。原因となる病気がある以上、多汗症の一般的な治療を行っても根本的な汗の解決には至りません。その病気自体の治療を行うことによって、多汗の症状を改善する必要があります。

実際に汗で悩んでいる人のほとんどが、何らかの疾患が原因に続発性多汗症ではなく、原因が不明の原発性多汗症です。その中でも、手汗が多く出る「手掌多汗症(しゅしょうたかんしょう)」や、脇の下の汗が多い「腋窩多汗症」を患う人が多い傾向にあります。

目立ちやすい手のひらの多汗症

汗には「体温調節」という人間が生きていく上で欠かせない役割があり、汗をかく事自体は大切な生理現象です。しかし、必要以上に汗が出過ぎてしまうと生活や仕事にも支障をきたしてしまいます。

「汗っかき」という言葉がありますが、汗を多くかいていても日常生活に不便がなければ治療の対象にはなりません。しかし、手のひらや顔など部分的に汗が多く、苦痛に感じている場合は、手掌多汗症や顔面多汗症という病気かもしれません。

特に、物を触る「手」や、衣服で隠すことのできない「顔」などの汗は気になりやすく、生活にも支障をきたしやすいため、これらの症状がある場合はしっかりと対策を考える必要があります。

手汗がひどい!原因は?

手汗がひどい「手掌多汗症」の疾患率は、全国で約2%といわれています。手掌多汗症という言葉は聞き慣れないかもしれませんが、手のひらの汗で悩んでいる人は実は多くいるのです。自分が手掌多汗症という病気だと気付いていない人も大勢いるといわれています。

手汗がひどい原因は?

手汗がひどい原因は、未だ完全には解明されてはいませんが、交感神経が過剰に働いてしまう事が原因の一つだといわれています。多汗症でなくても、緊張やストレス・不安などにより交感神経が活発に働き、汗が大量に分泌されることはあります。しかし、これといって手汗を引き起こす原因がない時でも、日常的に手汗をかいてしまうのが手掌多汗症の特徴の一つです。

あなたの手汗は大丈夫?

手掌多汗症はその症状の程度に合わせて次の3つのレベルに分類されます。

    【レベル1】手が湿って濡れている
    【レベル2】手に水滴ができるほど濡れている
    【レベル3】水滴がボトボトと滴り落ちる

レベル2以上は「字を書こうと思ってもペンが滑ってしまう」「触った紙が濡れてしまう」「パソコンのキーボードやマウスがベタベタになる」「人と握手をする事ができない」」など日常生活でも支障をきたしてしまいます。重症の場合は手を振っただけで手汗が周囲に飛び散ってしまうほどです。

手汗がひどいと悩んでいる人は、まず自分がどの手汗レベルに当てはまるかを確認してみましょう。レベル2以上で苦痛に感じているのであれば、早めに病院を受診することをおすすめします。

一人で悩まず相談を

今回は、「手のひらの汗の原因となる病気」についてご紹介しました。

手掌多汗症は我慢していても決して良くなるものではありません。良くなるどころかそれがストレスとなり、余計に症状を悪化させてしまうことにもつながります。生活や仕事に支障をきたしている場合には、一人で悩まず、まずは医師に相談してみるようにしましょう。