手汗で銀行業務にも支障が… | 自律神経を整えて手汗を改善

手汗で銀行業務にも支障が… | 自律神経を整えて手汗を改善

手汗で銀行業務にも支障が… | 自律神経を整えて手汗を改善

 S.Sさん(女性)、28歳、銀行員 

子供の頃から汗っかきでした…

私は子供の頃から汗っかきなタイプでした。普通、子供は汗っかきなものですが、私はその中でも特に汗っかきだったのです。学校では汗拭きのタオルが必須でしたし、業中もよく汗を拭っていました。特に手汗が酷く、配られたプリントが湿ってフニャフニャになってしまうくらいでした。

大人になった現在でも、この手汗には悩まされています。銀行の受付業務をしているのですが、汗でお札が湿ってしまいますし、手汗で小銭も濡れてしまうことがあります。受付業務をしていると、お客様と接する機会が本当に多いです。手汗の臭いも気になり、仕事中なのに気が散ってしまうのです。

手汗で一番悩んだこと

私が手汗で1番悩んだことは、男性とのお付き合いです。好きな人が初めて出来た中学時代、私は思い切って好きな人に告白をしました。念願叶ってお付き合いすることになったのですが、どうしても手をつなぐことには気が引けてしまいます。恋人同士のデートを盛り上げるためにも、手を繋ぎたいと思うのですが、手汗の酷い私には難しいことでした。

手汗のせいで好きな人と手を繋いでデートをすることが出来ないのは、とても辛く、私が手汗の改善について真剣に考えるようになるきっかけでした。

手汗の原因は精神的ストレス?

私は自分の手汗に悩む人生はもう嫌だと思い、汗についての原因を色々調べました。そして、手汗は緊張などの精神的ストレスによって出ることが多いことが分かりました。これは防衛本能が働き、身の安全を守ろうとするためだそうです。

私の手汗の原因も、おそらくストレスなどが関係していて、自律神経が乱れて手汗が出てしまっているのだと思います。もともと汗っかきな体質ではありますが、生活習慣も正直乱れていますし、ストレスの多い日々を送っているためです。体質は仕方ないとして、まずは改善ができそうな「自律神経を整えること」から改善させようと試みました。

自律神経を整えて手汗を改善!

私はまず、これまでの自分の生活習慣を振り返りました。朝は忙しいからといって朝食を食べずに仕事へ行っていましたので、毎朝食べるようにしました。食べるものも菓子パンや脂っこい料理を止めて、野菜を中心にしたバランスのとれたものを食べるように気をつけました。

また、お風呂はいつもシャワーだけでしたが、湯船に浸かることも自律神経を整える効果があると分かり、湯船に浸かる習慣をつけました。お湯の温度は高すぎると眠れなくなるので、ぬるいくらいのお湯にしました。それから、寝る2時間前はスマホやパソコンなどをいじることを止めて、部屋を薄暗くしました。こうすることで眠りの体制になったことを体に教えるのです。

こうした努力により、自律神経が整ってきたのか、手汗も少しずつ気にならなくなってきました。もしかしたら気持ちの問題なのかもしれませんが、改善されてきているのは確かです。規則正しい健康的な生活を送ることは、手汗対策に効果があると実感しているので、今後も継続していきたいと思っています。