緊張による手汗で悩んだ学生時代と今後の不安 | 就職も心配…

緊張による手汗で悩んだ学生時代と今後の不安 | 就職も心配

緊張による手汗で悩んだ学生時代と今後の不安 | 就職も心配…

 O.Tさん(男性)、22歳、フリーター 

緊張すると手汗が止まらない

昔から緊張すると手が冷たくなり、手汗が止まらなくなることが多くて今まで色々と悩んできました。特に学生だった頃はたくさんの人と一緒にいることでただでさえ緊張しているのに、授業で先生に当てられて発表する機会があったり、クラス替えをしてまだ仲良くなれてない人達とグループや班で行動する時などは手汗が酷かったです。

周りになんとかバレないように…と必死にやりくりしてきましたが、手汗のせいで人と触れ合うことがとても苦手になってしまいました。自分と同じように学校だけでなく職場や家庭などでも手汗で悩んでいる方は多いのではないかと思います。

手汗で悩んだ学生時代

学生時代は、極力人と直接触れ合う(触る)機会を減らすことでなんとかやり過ごしてきましたが、中にはそういう風にやり過ごせないパターンもあります。

自分の場合は二つありました…。

一つはフォークダンス。女子と手を繋いで踊る時には、どうしても緊張してしまい手汗が止まらなくなってしまいました。手をつながないわけにもいかないですし、気持ち悪がられているのではないかと、自分にとっては非常に苦痛な時間でした。

もう一つはテストの時間です。テストの時間は手汗でテスト用紙が手にくっついたりして困りました。時には汗をかいてることを忘れるほどテストに集中して、テスト用紙に滲んだ後が残ってしまったり…と、あまり良い記憶がございません(泣) テスト用紙回収の前には、汗で文字が滲んでないかを必ずチェックをするようにしていました…

手汗の原因は何なのか

手汗の原因は人それぞれ違うと思いますが、自分の場合は「緊張」でした。

中学生のころは年頃というのもあり、周りの目が気になりだします。自分は手汗に非常にコンプレックスを持っていましたので、その結果引っ込み事案でおとなしい性格になり、余計に緊張しやすくなってしまったのだと思います。

「じゃあ、緊張しないようになればいいのでは…?」とも思いますが、そうは言ってもなかなか緊張しいな性格を直すのは簡単ではありません。なので自分は「手汗をかかないようにしよう」ではなく、「手汗をかいた時にどういう対応をしよう」と、考え方を変えました。手汗はどうしてもかいてしまうものだと諦めました。

そのかわり、手汗をかいてしまった時にどうするか…。自分はハンカチを持つ、休憩時間などこまめに手を洗うことなどが最も効果的だと感じています。特に、手を洗うと手のひらがすっきりして、心なしかその後も手汗が出てきにくくなるような気がします。

これからの不安や対策

これまで手汗で色々と嫌な経験をしてきたので、今後も手汗に対しては不安が残ります。学生時代はともかく、この先就職したら…なんて思うと、「書類を多く扱う事務などの仕事は避けたい…」とか、「食品関係などの仕事は衛生面が心配…」など様々な不安が出てきます。

とはいえ、良い兆候もあります。自分は歳を重ねるたびに手汗が気にならなくなってきたのです。なぜなら、「周りの人間でも手汗を気にしている人は多い」ということが段々分かってきたからです。量が多いか少ないかの違いだけです。

考え方が変わってきたというのもあります。「自分は手汗が多い」という考えを「代謝が良いんじゃないか」などとポジティブに捉えられるようになりました。もし気になったら、上述したようにハンカチで拭いたり手を洗ったりしていますが、前ほどは気にならなくなりました。もしかしたら思春期だったために必要以上に気にし過ぎて、余計に手汗が多くなってしまっていたというのもあるかもしれませんね…。