手汗のコンプレックス | 医師のカウンセリングと漢方薬で改善

手汗のコンプレックス 医師のカウンセリングと漢方薬で改善

手汗のコンプレックス | 医師のカウンセリングと漢方薬で改善

 T.Tさん(男性)、28才、会社員 

子供の頃から手汗がコンプレックス

子供の頃からずっと手汗に悩んできました。習い事や趣味など手汗がプラスに働く事は一度もなく、思春期に女の子と手をつなぐ事ができなかった事は今でも記憶に残り、一番のコンプレックスになっています。

何かプレッシャーを感じたり気分が高揚した時には必ず手汗をかき、手のひらはもちろん指の間までかなり湿ってきます。そのため、幼少期にピアノを習っていた頃は、汗で滑ってミスタッチをしてしまったり、指紋が汚れのようにこびりつくので大事なピアノを清潔に保つのが大変でした。

学校では、テスト等に集中すると手が触れている部分がすぐにふやけてきて、自分のプリントはいつもヨレた状態で帰ってくるので、何度冷やかされたか分からないほどです。

社会人になってからは長い間ビリヤードの魅力に惹かれ、寝る暇も惜しんで練習していた時がありましたが、そこでも手汗が障害になりました。大会でどんなに有利に試合を運んでも、ここ一番の時に手汗が止まらず、グローブなどで対策しても普段と感覚が変わってしまうため、良い結果を残す事ができませんでした。

初めての彼女の手が握れない

手汗はずっとコンプレックスでしたが、私が一番困ったと感じたのは思春期の頃でした。中学2年生の頃、隣のクラスの女子から交際を申し込まれ初めて付き合う事になり、私も前から好意を持っていた女の子だったのでとても嬉しい気持ちで交際をスタートさせました。

しかし、この頃は学校の行き帰りを一緒に歩いたり、休みの日にたくさんの友人たちとゲームセンターのようなところに行ったりするのが精一杯で、付き合うという事をよく分からずに過ごしていました。

年頃だった事もあり、いつかはキスをしたいと考えていました。まずは手をつないで自然で居られるようになってからと思っていましたが、いつも手を繋ごうとすると尋常じゃないほど手汗が出てきて、とても相手の手を握れる状態ではなくなってしまいます。そんな自分がカッコ悪く感じてしまい、ポケットに手を入れていつもカッコつけていました。

こんな小さい事が原因でそれ以上距離は縮まらず、初めての交際は3ヶ月ほどで終了してしまい、一番嫌な思い出になっています。

原因は緊張とプレッシャー

私の場合、自分が把握している原因は緊張とプレッシャーです。多汗症ではないかと調べたり人に話を聞いたりしましたが、運動してる時の汗の量や暑い日の状態が「汗っかき」と呼ばれる人と比べても少なく、自分には当てはまらないと思いました。

普段から手にたくさん汗をかいている訳ではなく、人前で何かを発表したり練習の成果を披露する時の手汗が顕著で、ひどいプレッシャーを感じた時などには握りしめた手から汗が滴り落ちる事もありました。

最近では車の運転中にハッとする出来事が起きると、その後はハンドルが滑ってしまうほど手汗が出て、車を止めて気持ちを落ち着けないと運転を再開できない事があります。そういったことからも、私の手汗は緊張とプレッシャーが大きな原因になっているのだと思っています。

医師のカウンセリングと漢方薬でかなり改善!

手汗が「治るもの」だと知ったのはここ最近の話です。何気ない会社の同僚との会話で「手の汗は精神的な病気で、通院する事で治せるらしい」と教えてもらい、そうだったのかとたくさんの情報を調べて自分に合った治療法を探しました。

調べているうちに、私より悩んでいる方がたくさんいる事を知り、本当に安心して前向きに改善方法を探す気持ちになれました。いくつかある手汗対策を、一つづつ試しているのが現在の状況です。

最初に、心療内科を受診して先生に状況を説明して悩んでいる事を伝えると、交感神経が敏感になっていて精神的なストレスを受けている事が原因の一つだと指摘され、医師のカウンセリングを受けてみるのが第一選択だと教えてもらいました。

確かに、昔からプレッシャーを受ける機会が多く、対応できない年齢から無理に人前に出ていた事がありました。他の人より交感神経が敏感になってしまった可能性が高いと自分でも感じ、カウンセリングを受ける事で効果があるように思いました。

現在は定期的な医師のカウンセリングと漢方薬の服用でかなり症状は改善され、極度の緊張がない限り目立った手汗はかかなくなっています。