手汗予防と食べ物 | 多汗症の改善に効果的な食事

手汗予防と食べ物 | 多汗症の改善に効果的な食事

手汗予防と食べ物 | 多汗症の改善に効果的な食事

手汗をなんとかしたい!と悩んでいる人は多くいますが、実は食事の改善が手汗予防につながるということを知っている人は少ないのではないでしょうか。

今回は、手のひらや脇の下・足の裏など部分的に汗をかく局所多汗症の症状を改善するために役立つ食べ物についてみていきましょう。

手汗と食生活の関係

手汗と食べ物は一見関係ないように思えますが、実は深い関係があるのです。多くの人が、辛いものや酸っぱいもの食べた時に汗が出る経験をしたことがあると思います。これは味覚性発汗といい、誰にでも起こる生理現象です。

味覚性発汗は顔や体などからの汗が主ですが、食事中に人前で汗がたくさんかいて「恥ずかしい」という精神的な不安やストレスが原因となって精神性発汗が起こり、手汗を多くかいてしまう場合もあります。

多汗症の手汗改善に効果的な食べ物

また、食生活が乱れるとホルモンバランスや自律神経のバランスにも悪影響を与えることがあります。自律神経の一つの交感神経が過剰に働くことで発汗が促されるため、食生活が手汗の原因になるということも十分に考えられるのです。

手汗に効く食べ物

手汗の予防に効果的な食べ物をご紹介します。

大豆製品

味噌・納豆・豆腐・豆乳など

大豆製品に多く含まれるイソフラボンは、生活習慣病予防やアンチエイジング効果など様々な効能がありますが、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをすることからバストアップや生理痛の緩和などにも効果があります。

この女性ホルモンは汗を抑える働きを持っているため、女性ホルモンと似た働きをするイソフラボンを多く含んだ食事をする事によって、手汗の改善に役立てることができるのです。

体温を下げる食べ物

きゅうり・ナス・トマト・ゴーヤ・ピーマンなど

多汗症の手汗予防に効果的な食べ物


きゅうり・ナスなどは「クールベジダブル」、略して「クールベジ」とも呼ばれており、体を冷やす効果があります。クールベジと呼ばれる食べ物はカリウムが多く含まれており、体内の熱を排出する効果があるため、汗の予防に役立ちます。

クールベジは夏野菜が主で、カリウムは熱に弱いので熱を加えず生で食べた方がより効果的です。

ハーブ類

ラベンダー・ジャスミン・ローズなど

リラックス効果が高いハーブ類も手汗予防の食べ物として効果があります。多汗は自律神経の交感神経が過剰に働くことで引き起こされます。ハーブでリラックス効果が高まると副交感神経が活発になるため、交感神経を抑える事が出来るのです。

ハーブティなどは日常に手軽に取り入れることが出来るので、緊張による手汗を改善させたい時におすすめです。

汗を増やす!?気をつけたい食べ物

汗を抑える食べ物があれば反対に汗を増やす食べ物もあります。

脂肪分・油分の多い食べ物

肉類・チーズ・バター・ケーキ・揚げ物など

脂肪分や油分の多い食べ物は、汗腺を刺激して汗の原因になります。

刺激の強い食べ物

辛いもの・酸っぱいもの・香辛料の強いもの

多汗症の手汗を増やす辛い食べ物

韓国料理やタイ料理などは香辛料を使った辛い料理が多いため、日本料理と比べても刺激の強い食べ物となります。また、辛いカレーなども汗の原因となります。刺激の強い食事をとることで、交感神経が刺激され発汗を促してしまうので注意が必要です。

カフェイン

コーヒー・紅茶・お茶など

カフェインも交感神経を刺激するため発汗を促してしまう作用があります。夜眠気覚ましにコーヒーを飲むというのはよく聞く話ですが、これは交感神経が刺激されるため眠気が吹き飛ぶという意味なのです。

リラックスするためコーヒーを飲むという人も多いと思いますが、実は逆に交感神経を刺激してしまっているのです。局所多汗症や手汗で悩んでいる人は、カフェインレスのコーヒーを飲んだりした方が汗の改善に繋がります。

日々の食生活の改善

局所多汗症を改善する効果がある「手汗を抑える食べ物」は実は私達の身近に数多く存在します。

汗の予防としてのそれらの効果を知り、食生活を見直して、手汗の改善に繋げていきましょう。