手が臭い… 手汗による臭いの悩みと対策

手が臭い… 手汗による臭いの悩みと対策

手が臭い… 手汗による臭いの悩みと対策

汗の悩みとして特に多いのが「臭い」です。「汗=臭う」というイメージが強いため、少しでも汗をかくと臭いがしないか心配になる人も多いのではないでしょうか。

汗の臭いでは脇汗などが代表的ですが、手汗の場合も臭いは気になるものです。今回は、この手汗による臭いの悩みと対策について詳しくみていきましょう。

汗の臭いのメカニズム

汗は「エクリン腺」と「アポクリン腺」という二種類の汗腺から分泌されています。エクリン腺は全身にあり、このエクリン腺から出る汗は99%が水分でできているため、色は透明で臭いも基本的には無臭です。

一方のアポクリン腺は、脇の下や乳首・肛門周辺・外耳道など、思春期以降に部分的に発育していく汗腺です。アポクリン腺から出される汗はエクリン汗腺とは違い、脂質やタンパク質など様々な成分が含まれており、色は白っぽく粘り気のあるのが特徴です。

また、エクリン腺の汗は弱酸性なのに対して、アポクリン汗腺の汗は中性です。弱酸性から中性・アルカリ性とph値が上がるにつれて、皮膚表面で雑菌が繁殖しやすくなります。したがって、弱酸性のエクリン汗腺の汗よりも、中性のアポクリン汗腺の汗の方が、臭いが発生しやすいといえます。

手のひらの手汗の臭い対策

脇汗と手汗の違い

汗の悩みの代表格として「わきが(腋臭症)」があります。わきがで悩んでいる人は男女問わず多く、夏場などの暑く汗が気になる季節になると、特に気になるようになります。

この脇汗も手汗も同じ汗ですが、脇汗は「特に臭いやすい汗」といえます。これは、脇の下に多くある「アポクリン腺」から分泌された汗の成分が、皮膚表面の菌と混じり合い分解されて、わきがの独特の臭いを発生させているためです。

一方、手汗の場合は「エクリン腺」からの発汗となります。エクリン腺からの汗はアポクリン汗腺の汗とは異なり、サラサラしていて臭いも強くありません。そのため、同じ「汗」でも、手汗よりワキ汗の方が臭いやすいということができます。とはいえ、手汗が多く出たり、長時間放置していたりすると、雑菌が繁殖して手のひらが臭う原因になるので注意が必要です。

手汗の臭い対策

本来、エクリン汗腺から分泌される手汗はあまり臭わないものです。しかし、手はいろんな物を触ったりつかんだりするため、体の中でも特に雑菌が多くなりやすい部位です。これらの手の表面にいる雑菌が手汗と混じり合う事で臭いを発生させ、手が臭い原因となってしまいます。

手汗による手の臭い対策

手が臭い時の対策としては、雑菌の繁殖を防ぐために手をこまめに洗い、清潔に保つようにするのが有効です。そう頻繁に手を洗うわけにはいかないかもしれませんが、手汗をかいた後はハンカチで手を拭くよりも、手を洗った方が臭いの発生を防止する事が出来ます。

臭いケア用のクリームや、手のひら用の制汗剤なども販売されているので、それらを検討してみるのも良いでしょう。

まとめ

今回は、手汗による臭いの悩みと対策についてご紹介しました。

汗は確かに臭いの元にはなりますが、必ずしも「汗の量が多ければ臭い」という事ではありません。汗が多くてもエクリン汗腺・アポクリン汗腺どちらの分泌の汗なのかによって、臭いも対策も違ってくるのです。

手汗による手の臭いの悩みについては、「こまめな手洗い」というちょっとした対策を心がけるだけで、かなり防止する事ができるという事を覚えておきましょう。